2009年02月03日

我が国製造業の設備能力について

国内需要の落込みだけでなく、欧米の不況に円高の影響が加わって、外需も大きく落ち込んでいます。
鉱工業生産指数(速報)から、昨12月〜本年1月、2月の生産量は、昨年比▲20%を上回る落込みとなる見通しです。
このため日を追うごとに、我が国製造業の設備能力は過剰感を増しています。
一年前に比べて、各産業の最近の受注や生産が、大幅に下落しているのは一目瞭然です。

来期、鉄鋼業界は約30%、石油製品・石油化学は約20%余り、自動車業界では30%程度の、過剰設備が出ると予想されています。
バブル崩壊後の「失われた10年」に、日本の産業界には「設備」、「雇用」、「負債」の「三つの過剰」が生じました。
各企業は、必死に設備廃棄、人員削減、負債圧縮、に取り組み、2003年以降の景気拡大期に、ようやく業績を改善し、競争力を回復したところでした。
バブル時代から20年後の現在、再び、この三つの問題に直面しています。
いかに設備を有効利用するか、如何に従業員をスキルアップするか、如何に財務体質を強化するか、この三点が各製造業にとっての喫緊の主要課題です。
「三人寄れば文殊の知恵」ならば「十人寄れば釈迦の知恵」です。
各企業の全員が「知恵」を振り絞って、この難局に立ち向かうことが必要です。
PCGでは『不況対応コンサル』を準備しました。
コンサル・ワクチンで、あなたの会社に「不況免疫力」をつけませんか。
posted by 北村 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26237177

この記事へのトラックバック